馬券購入に役立つオッズ情報や競馬データをはじめ、競馬予想の楽しさをご紹介しています。

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

競馬ニュース速報

【若葉S】(阪神11R)アドマイヤビルゴが好タイムで皐月賞の優先出走権を獲得

阪神11Rの若葉ステークス(3歳オープン・リステッド・芝2000m)は1番人気アドマイヤビルゴ武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒6(良)。2馬身差の2着に10番人気キメラヴェリテ、さらに1馬身1/4差の3着に2番人気アメリカンシードが入った。

アドマイヤビルゴは栗東・友道康夫厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母イルーシヴウェーヴ(母の父Elusive City)。通算成績は2戦2勝。

レース後のコメント
1着 アドマイヤビルゴ(武豊騎手)
「強かったですね。今日は返し馬から前走とは違いましたし、道中もいい感じで反応は良かったです。全身を使えるようになっていましたし、まだどんどん良くなりそうで本当にいい馬です。距離はまだ延びても問題ないと思いますが、中距離がいいと思います。クラシックを狙える馬だと思います」

2着 キメラヴェリテ(藤岡康太騎手)
「陣営からハナに行ってほしいという指示でした。それでどれだけ踏ん張れるかということで、楽ではないペースの中でラストまでしっかり頑張ってくれました。初めての芝でも適性を示してくれました」

4着 アルサトワ幸英明騎手)
「2番手で自分なりのレースはできました。最後は切れ負けした感じでしたが、成長途上ですからまだ良くなります」

5着 サーストンカイドー福永祐一騎手)
「初めての2000mでしたが、上手に立ち回ってくれました。パワータイプの馬なので時計勝負だと厳しいかもしれません。タフな馬場のほうが良さそうです」

12着 オールザワールド藤岡佑介騎手)
「好位をスムーズに追走できましたが、最後は一杯になりました。馬体に成長の余地があり、まだまだ良くなると思います」

2020年3月21日16時14分
(ラジオNIKKEI)


ラジオNIKKEI