馬券購入に役立つオッズ情報や競馬データをはじめ、競馬予想の楽しさをご紹介しています。

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

競馬ニュース速報

【ユニコーンS】(東京)〜初ダートのワイドファラオが逃げ切る

東京11Rのユニコーンステークス(3歳GIII・ダート1600m)は3番人気ワイドファラオ福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒5(重)。アタマ差の2着に2番人気デュープロセス、さらに3馬身差の3着に6番人気ダンツキャッスルが入った。

ワイドファラオは栗東・角居勝彦厩舎の3歳牡馬で、父ヘニーヒューズ、母ワイドサファイア(母の父アグネスタキオン)。通算成績は6戦3勝。

〜レース後のコメント〜
1着 ワイドファラオ(福永祐一騎手)
「最内枠でしたから、逃げるか、控えるか考えましたが、他に強力な逃げ馬もなく、良いスタートを切れたので、それで控えるとリズムが崩れるので逃げていきました。正直、最後の直線では脚が上がりましたが、よくしのいでくれました。この馬の勝負根性、気持ちの強さが出たと思います。初めてのダートで重賞を勝つのは簡単にはできないものです。これからGIの舞台で活躍できるような馬になってほしいと思います」

2着 デュープロセス(安田隆行調教師)
「惜しかったですね。最後はクビの上げ下げの差で、力を見せてくれました。次については未定です」

3着 ダンツキャッスル(幸英明騎手)
「前回は上手くゲートを出ましたが、今日は上手くスタートを切れず、ようやくという感じで3、4番手につけました。楽に先手を取れれば違ったのでしょうが、それでも粘ってくれています。距離はもう少しあった方が良さそうです」

4着 ヴァニラアイス田辺裕信騎手)
「短距離を使っていたことで楽にポジションが取れて、ペースも味方して最後まで頑張ってくれました。展開に恵まれたとはいえ、このメンバーで入着できたことは立派です。もう少し短い距離ならさらに良いと思います」

5着 エルモンストロ蛯名正義騎手)
「枠を生かして、内でロスなくまわって競馬ができました。折り合いもつきましたし、少しずつ成長を感じます」

7着 デアフルーグ津村明秀騎手)
「位置取りはいつも通りという感じでしたが、伸びませんでした。疲れがあったのか、敗因は掴みきれません」


8着 ザディファレンス野中悠太郎騎手)
「スタートがそれほど良くないのはいつも通りという感じで、道中は馬のリズムを大切にロスなく走れました。最後もジリジリと伸びていましたし、砂を被った事も良い経験になったと思います。距離は短い方が良さそうです」


9着 ノーヴァレンダ北村友一騎手)
「課題はコーナリングですね。コーナリングがスムーズでなく外にもたれてしまい、真っすぐ走ることに力を使ってしまいました。その分しまいは伸びを欠きました」

2019年6月16日18時34分
(ラジオNIKKEI)


ラジオNIKKEI