馬券購入に役立つオッズ情報や競馬データをはじめ、競馬予想の楽しさをご紹介しています。

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

競馬ニュース速報

【日本ダービー】栗東レポート〜サートゥルナーリア

5月26日(日)に東京競馬場で行われる第86回日本ダービー(GI)に登録しているサートゥルナーリア(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)について、追い切り後の辻野泰之調教助手のコメントは以下の通り。

(前走の皐月賞1着を振り返って)
「年明けからレースを使っていなかったので、その辺りがレースに行ってどう出るかなという心配なところはありました。終わってみれば、外を回ってしっかり差し切ってくれて強い内容で勝ってくれたなと思っています」
ジョッキーも目一杯追ってくれていたかなとは思いますが、最後は少しスタンドに物見をして、他の馬に迷惑をかけてしまった辺りはまだ幼いところが残っているのだなと感じています。まだ、がむしゃらには走っていないのではないかと感じています」

(前走後の調整について)
「レース後は2週間ほどノーザンファームしがらきへリフレッシュ放牧に出しました。レースの3週間前にこちらに帰ってきています。追い切るごとに体の張りも良くなってきていますし、良い状態でレースに向かえるのではないかと思っています」

(調教過程を振り返って)
「先週は感触を確かめてもらうという目的でレーン騎手に乗ってもらいました。全体的に少しゆっくりした流れの追い切りになりましたし、追い切り後の馬体を見て、もう一段階負荷をかけられる状態になってきたのではないかという判断で、今日は先週よりももう少し負荷を強めた追い切りを行いました。
 (レーン騎手からは)ストロングホースだということと、イメージ通りの馬だったとコメントをいただきました。良い感触で追い切りに乗ってもらえたと思っています。
 こちらのリクエストした通りに調教に乗ってきてくれましたし、真面目なジョッキーだなと感じたので、少し子供っぽいこの馬には合っているのではないかと感じています。
 もう一段階負荷をかけていこうということで、今日もCウッドチップコースで後ろから外を回しました。直前まで馬の後ろでしっかり我慢できいましたし、加速してからの脚も相変わらず良い動きをしてくれていました。良い状態でレースに臨めると思います。
 皐月賞の前よりも良い意味でゆとりのある体つきになってくれているので、本当に良い精神状態と馬体の雰囲気でレースに行けそうです」

(今回のレースに向けて)
「元々左トモの推進力が強い馬で、右手前が好きな馬ではありますので、左回りに関しては心配はしていません。やはり初めて走る距離ではありますし、落ち着いて走れる馬なので、こなしてくれるとは思っていますが、そこは走ってみないと...というところでもあります。
 お母さん(シーザリオ)はオークスを勝っていますし、お兄さんのエピファネイアはジャパンカップで強いパフォーマンスを見せているので、もしかしたら最適な舞台なのではないかと思えます。力は出してくれるのではないかと思っています。
 (レーン騎手は)ビデオを見て、レースを研究してくれているそうですし、こちらから特に指示とかリクエストというのはないとは思います。馬の力を出し切るレースをしてもらいたいです。
 やはり皐月賞で接戦を演じた2頭は強いと思います。他の馬たちもダービーという舞台へ目一杯馬を仕上げてくると思うので、どの馬にも警戒は怠れないとは思っています。
 2冠の資格を持ってダービーに臨めるのはこの馬だけですし、私たち関係者とファンの皆様も期待されていると思います。一生懸命最後まで走ってもらいたいです」

(取材:米田元気)


2019年5月22日13時40分
(ラジオNIKKEI)


ラジオNIKKEI