馬券購入に役立つオッズ情報や競馬データをはじめ、競馬予想の楽しさをご紹介しています。

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

競馬ニュース速報

【日本ダービー】栗東レポート〜ダノンチェイサー(アヴドゥラ騎手)

5月26日(日)に東京競馬場で行われる第86回日本ダービー(GI)に登録しているダノンチェイサー(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)について、追い切り後のB・アヴドゥラ騎手のコメントは以下の通り。

(日本ダービーの騎乗が決まった気持ちは?)
「非常に興奮しています。日本の昨今の競馬レベルが非常に高いというのは世界で周知されていることです。日本の中でもレベルの高いダービーに乗れるということは非常にありがたいことです。池江調教師の馬に乗れることもありがたいことだと思っています」

(初勝利で跨がった印象は?)
「乗ったのは小倉の未勝利でした。勝った時の手応えや勝ち方もそうでしたが、最後に池江調教師にも、この馬の将来は非常に楽しみだよとお答えしました。それが本当にこのようになりました。先週も調教に乗ったのですが、馬が成長しているなという手応えを感じました」

(最終追い切りを振り返って)
「思ったほどタイムが出なかったというか、少しズブい面が出てしまったのかもしれません。自分がオーストラリアで大きなレースを勝つ時はなぜか調教の時に走らないのです。それはなぜかというと、本番に向けて馬が力を蓄えているということです。調教で走らないからと言ってレースで走らないわけはないわけで、逆に自分の今までのオーストラリアでの経験から言うと、こういう馬が走るのだよということを皆さんにお伝えしたいです。
 先週跨がった時はまだ100%ではなくて、これから調子を上げていく段階だったと思います。その時点で自分としては良い感触を得ました。良いように言い過ぎかもしれませんが、今週は馬がむしろ落ち着いていて、あのような感じだったのではないかと思います。当然ながら池江調教師の仕上げを信じていますし、今週末に向けて良い状態であると思いたいです」

(東京コースの印象は?)
「非常に綺麗なコースだと思います。皆さんもご存知のように広いコースですから、どの馬にもフェアでチャンスがあると思います。坂もありますし、自分としても面白いですし、世界の中でも良いコースの一つだと思います」

(今回のレースに向けて)
「ダービーというすごく大きなレースがいろいろな人にプレッシャーを与えると思いますが、非常に良いコースで乗れるわけです。たぶん人気する馬が勝つのではないかと、皆さんが思っていると思います。どちらかと言うと、そういう強いと思われる馬にプレッシャーも行くでしょうし、マークされるでしょう。むしろ自分は楽にプレッシャーなしに乗れるかなと思います。
 きさらぎ賞を勝った時のVTRも見ていますし、非常に良い勝ち方をしました。NHKマイルカップの時は少し不利もあって力を出し切れなかったのですが、川田騎手の話ももちろん聞きました。馬の良いところは目に見えていますので、そこに期待したいです。
 何とかこの馬の良いところを出して、良い結果を出したいです。自分で努力して何とかしたいと思います。今週が自分の(短期免許)最終騎乗なのですが、日本から帰る前に皆さんに良い結果を残して、ファンにまた来てほしいと思ってもらいたいです。頑張ります」

(取材:米田元気)

2019年5月22日13時46分
(ラジオNIKKEI)


ラジオNIKKEI