馬券購入に役立つオッズ情報や競馬データをはじめ、競馬予想の楽しさをご紹介しています。

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

競馬ニュース速報

【雲雀S】(東京)〜キャナルストリートがハナ差競り勝つ

東京10Rの雲雀ステークス(4歳以上1600万下・ハンデ・芝1400m)は5番人気キャナルストリート石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒7(良)。ハナ差の2着に4番人気ボンセルヴィーソ、さらに1馬身半差の3着には9番人気エスターテが入った。

キャナルストリートは美浦・大竹正博厩舎の5歳牝馬で、父マンハッタンカフェ、母フィラストリート(母の父Cozzene)。通算成績は11戦5勝。

〜レース後のコメント〜

1着 キャナルストリート(石橋脩騎手)
「初めて乗りました。大竹調教師からは『先頭に立つと気を抜くところがある』と聞いていたので、ある程度控えてと思っていましたが、今日の馬場を考えて少し位置を取りました。昇級戦でこのレースができるのですから大したものです。よく伸びてくれました」

2着 ボンセルヴィーソ(福永祐一騎手)
「最後まで止まっていないのですが......。この馬も速い上がりを使っていますが、1頭強い馬がいました」

3着 エスターテ(蛯名正義騎手)
「1400mは合いますね。一生懸命になりすぎるところがあるので、(控えるような)こういう形が合っています。このクラスでもそのうちチャンスがありそうです」

5着 フレッチアC.ルメール騎手)
「今日は久々で元気一杯でした。少しかかってしまいました。体も少し重かったです」

2019年2月11日16時50分
(ラジオNIKKEI)


ラジオNIKKEI