馬券購入に役立つオッズ情報や競馬データをはじめ、競馬予想の楽しさをご紹介しています。

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

競馬ニュース速報

【淀短距離S】(京都)〜ラインスピリットがゴール前でクビ差とらえて勝利

京都11Rの淀短距離ステークス(4歳以上オープン・芝1200m)は5番人気ラインスピリット森一馬騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒8(良)。クビ差の2着に1番人気アクティブミノル、さらに2馬身半差の3着に4番人気ベルディーヴァが入った。

ラインスピリットは栗東・松永昌博厩舎の7歳牡馬で、父スウェプトオーヴァーボード、母リボンストライプ(母の父トニービン)。通算成績は40戦8勝。

〜レース後のコメント〜
1着 ラインスピリット(森一馬騎手)
「斤量が重かったので、それを克服する乗り方を考えていました。イメージ通りで、馬もそれにしっかりと反応してくれました。惜しいレースが続いていたので、勝てて良かったです。厩舎の方が走れる状態に仕上げてくれたので感謝しています。(7歳ですが)まだまだいけると思います。賞金を加算できて、大きい舞台に出せると思います」

2着 アクティブミノル(武豊騎手)
「惜しかったです。スタートが良かったですし、いい感じに逃げることが出来ました。内にもたれた分が痛かったです」

3着 ベルディーヴァ(浜中俊騎手)
「スタートは上手に出ました。前の2頭が速いので、それらの後ろからになりました。追いつきませんでしたが、よく頑張っています。格上挑戦でしたし、前の2頭も強かったです」

4着 グレイトチャーター川田将雅騎手)
「ゲートは上手に出ました。向正面で外からのプレッシャーがきつく、ポジションを下げざるを得なくなりました。前が残る展開の中、よく頑張っています」

5着 スマートカルロス小牧太騎手)
「ゲートをもさっと出ました。流して行った分、脚を無くしました。もう少し脚を溜めて行ったほうが良いと思います」

2018年1月13日17時0分
(ラジオNIKKEI)


ラジオNIKKEI