馬券購入に役立つオッズ情報や競馬データをはじめ、競馬予想の楽しさをご紹介しています。

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

競馬ニュース速報

【先週の風情報】京都競馬場(10/7,8,9)【小林弘明氏】

■10/7(土) 4回京都競馬1日目
1〜5Rは無風状態の風力0。6〜9Rは向正面斜め追い風、直線斜め向かい風となる北風(1→3コーナー方向)で風力1。10〜12Rは無風状態の風力0で推移した。

東京同様に風よりも前日から降り続いた雨の影響の方が大きかった。馬場状態は芝が終日重、ダートが終日不良。芝は雨の影響で良よりは若干時計が掛かるものの、開幕日らしく整った馬場でそれほど影響なし。ダートは脚抜きが良くて朝から時計は速かったものの、9R以降は超高速決着となった。

■10/8(日) 4回京都競馬2日目
終日無風状態の風力0で推移した。秋の京都開催は風がない日が多く、力通り決まりやすい傾向にある。

馬場状態は芝が稍重から5R以降良、ダートは終日重。芝は乾いて、良馬場の標準的なタイムが出るコンディション。ダートは1200m戦で前日12Rの勝ちタイム1分10秒2、この日の8Rが1分12秒1と同じ500万下でおよそ2秒の開きがあった。重馬場でも前日よりかなり時計が掛かる状態だった。

■10/9(月) 4回京都競馬3日目
前日同様に終日無風状態の風力0で推移した。11R京都大賞典は速い時計の決着となり、上がり最速のスマートレイアーが鮮やかに抜け出した。

馬場状態は芝が終日良、ダートが終日稍重。芝はスローのレースが多かったが、開幕週らしい速い時計が出るコンディション。ダートは稍重とはいえ、前日同様にやや時計が掛かる状態だった。

■風力5段階の説明
風力5…暴風並の風が吹き荒れて、レースに大きく影響を及ぼす状態。具体的には2000m換算(以下同)で0.8〜1.0秒の変動。

風力4…非常に強い風が吹き、レースにかなりの影響がある状態。具体的には0.6〜0.8秒の変動。

風力3…強めの風が吹き、レースに0.4〜0.6秒の影響がある状態。

風力2…標準的な風が吹き、レースに0.2〜0.4秒の影響がある状態。

風力1…弱めの風で、レースに0.2秒未満の影響がある状態。

風力0…無風状態でほとんどレースに影響しない状態。

なお、2016年皐月賞当日の中山競馬場のように1秒以上の変動があると思われる暴風が吹いた場合は、風力5+とします。

2017年10月13日10時0分
(JRA-VAN)


JRA-VAN

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN