馬券購入に役立つオッズ情報や競馬データをはじめ、競馬予想の楽しさをご紹介しています。

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

競馬ニュース速報

【秋華賞】栗東レポート〜ファンディーナ(高野調教師)

15日(日)京都競馬場で行われる第22回秋華賞(GI)に出走予定のファンディーナについて、インタビューでの高野友和調教師のコメントは以下の通り。

・水曜日の調教はどんな感じでしたか?
 1週前が少し軽くなったのでどうしようかと思っていたのですが、馬のコンディションは良さそうでしたので、(坂路コースの)短い距離で負荷をガンとかけるよりは長めの距離でじっくりと追ってみたいと思って昨日はウッドチップコースを選択してジョッキーに長めに乗ってもらいました。全体の時計は少し遅かったですが、長くリズム良く走れていました。最後に手前が替わらなかったのは少し気になりましたが、いい動きはしていたと思います。ジョッキーも「(最後に)もうひと沈みしてもいいかな」と言っていました。ローズステークスからガラリというよりじっくり良くなっている感じなのだと思います。

・ローズステークスでは体重が増えていましたが?
 春は遅いデビューからGIを目指した分、若い馬にはきつかったですし、特に最後に強いメンバーと戦いましたから体重も減っていました。前回はその分が戻ったのに加えての成長分プラスちょっと緩かったということでしょう。今回も数字的にはそれほどは変わってないとは思いますが、シルエットはローズテークスの時より締まるところは締まって出るところは出るという感じになっています。いいと思います。

・春先はスローな流れでの瞬発力勝負で強さを見せた馬ですが?
 特に秋華賞は京都2000メートルでもペースが速くなるレースですが、そのへんはあまり経験の多くない馬ですので何とも言えないですね。ペースの速くなった皐月賞では最後に疲れてしまいましたしね。

・この馬の一番いいところを発揮するにはどんなレースがいいのでしょう?
 ここまでレースの回数も重ねていないので「これだ!」という明確な答えがあるわけではないですね。先行力はあります。2戦目のようにひと溜めしてもいい脚を使いますから、状態さえ良ければいい末脚を使うのだろうとは思います。レースの流れによってベストポジションも変わってくるので、そのあたりはずっとこの馬に乗っているジョッキーに乗ってもらえるわけですから、ポジションもジョッキーの判断に委ねていいのだと思います。

・今回、少しパワーが要求されそうな馬場になりそうですが?
 爪は大きめ、蹄底はあまり深くないですし、一般的には重馬場はどうか?という話になりますが、ふだん荒れた調教コースでも苦にすることなく走りますので、筋力も高めですからカバーしてくれると思っています。

(取材:佐藤 泉)



2017年10月12日18時19分
(ラジオNIKKEI)


ラジオNIKKEI

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN