馬券購入に役立つオッズ情報や競馬データをはじめ、競馬予想の楽しさをご紹介しています。

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

競馬ニュース速報

【先週の風情報】東京競馬場(5/13,14)【小林弘明氏】

■5/13(土) 2回東京競馬7日目
午前の1〜4Rは風力0。5〜8Rは向正面追い風、直線向かい風で弱めから標準の風力1〜2。9〜12Rは4→1コーナーへ北東方向の斜めの風で風力1で推移した。

一日中雨が降り続き、風よりも雨が時計に大きく影響した。馬場状態はダートが1R良から最終では不良にまで悪化。途中の6・8Rあたりは脚抜きが良くて非常に速い馬場だったが、12Rは水が浮いて逆に走りづらい状態になった。

芝は稍重→重に悪化。5R・7Rは直線向かい風の影響で上がりが掛かっている。逆に11R京王杯SCはスローペースで直線やや追い風に作用し、重馬場ながら上がりは速くなった。

■5/14(日) 2回東京競馬8日目
1〜10Rまでは4→1コーナーへ北東方向の斜めの風で風力1〜2。11R・12Rは向正面向かい風、直線追い風の東風で強めの風力3で推移した。

この日は曇りでダートは不良→重に回復。脚抜きが良く、非常に速い時計が出ていた。芝は重→稍重に回復したものの、例年のBコース替わり1週目と比較すると1.5〜2秒ほど時計は掛かっていた。

11RヴィクトリアMは前半800m47秒9のスローだったが、向正面での向かい風の影響が大きく、額面ほどのスローではない。直線は内を開けて外を回す馬が多く、差し馬が台頭。直線での進路が着順に大きく影響した。

■風力5段階の説明
風力5…暴風並の風が吹き荒れて、レースに大きく影響を及ぼす状態。具体的には2000m換算(以下同)で0.8〜1.0秒の変動。

風力4…非常に強い風が吹き、レースにかなりの影響がある状態。具体的には0.6〜0.8秒の変動。

風力3…強めの風が吹き、レースに0.4〜0.6秒の影響がある状態。

風力2…標準的な風が吹き、レースに0.2〜0.4秒の影響がある状態。

風力1…弱めの風で、レースに0.2秒未満の影響がある状態。

風力0…無風状態でほとんどレースに影響しない状態。

なお、2016年皐月賞当日の中山競馬場のように1秒以上の変動があると思われる暴風が吹いた場合は、風力5+とします。


2017年5月19日10時0分
(JRA-VAN)


JRA-VAN

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN