馬券購入に役立つオッズ情報や競馬データをはじめ、競馬予想の楽しさをご紹介しています。

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

競馬ニュース速報

【京成杯】美浦レポート〜イブキ

1月15日(日)に中山競馬場で行われる京成杯(GIII)に出走予定のイブキ(牡3)について、奥村武調教師の追い切り後のコメントは以下の通り。

・前走について
「ちょっとゲートの駐立が良くなく、立ち上がりかけていましたが、スタートでとにかく速く出てくれて、前々での競馬になりました。高速馬場にも対応してくれたと思ってみていました」
・距離について
「新馬の時点から2000mくらいはあってもいいと思っている馬なので、何の心配もありません」
・中間は
「前走の後、膝に軽い骨膜炎が出ました。レースに使おうと思えば使えるくらいでしたが、能力の高い馬で痛い思いをさせたくなかったので、オーナーにご理解いただいて休養しました。その後、順調に乗り込んで、骨膜はきれいになりました。何の不安もなく、ここまできています」
・追い切りは
「今日は(柴田善臣騎手に)外から抜いていいですよ、と言っていました。先週は(フェアリーSを勝った)ライジングリーズンと併せ馬をして、だいぶ負荷がかかっていたので、今週は終いだけ、と思っていましたが、いい動きでした。先週はもう一段階上がありそうでしたが、今週は軽い動きをしていました。良くなってきたと思います」
・今回の休養で成長は
「ゲートがどうなるか分からない面はありますが、精神面はどしっとしてきました」
・馬体重は
「体は10kgまで増えないくらいかな、と思いますが、実が詰まってきたと思います」
・馬場状態は
「時計が速すぎず、この馬には合っていると思います」
・この馬の長所は
「気持ちが強くて、前に出ようという気持ちがあるところです」
・ファンの皆さんへ
「何とかここで勝ってクラシック路線に乗せて行きたいと思っています。応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)

2017年1月11日16時37分
(ラジオNIKKEI)


ラジオNIKKEI

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN